スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アボカドの話 (5)選び方、保存の仕方

avo6

アボカドは写真でもわかるように、
最初は美しい薄黄緑色です。
それが熟すに従って
焦げ茶色へと変化していきます。

アボカドは樹の上では柔らかくならないそうです。
放っておけば熟して柔らかくなりますが、
商業的に考えて、樹の上では柔らかく熟した物は
出回っていない、ということです。

収穫してから熟成が始まる、まバナナみたいな感じでしょうか。
輸送するのに時間もかかるし、
やわやわではぶつかって痛んでしまいますから
当然早いうちに収穫してしまいます。
バナナを色付ける職業の方がいるって聞いた事がありますが、
世界中の美味しい果物、野菜を
遠くは慣れた異国の地で楽しむには
こういった不自然なこともしなければならないのですね。

遠く異国の地からやってきたアボカド。
良いアボカドかどうかはどうやって見極めたらいいのでしょうか?

人気ブログランキングへ


続きを読む
脂肪分が多い良いアボカドはヘタに隙間がないものです。
脂肪が少なく、水分で実が大きくなっている
アボカドは追熟させているうちに
乾燥が始まってしまい、実が縮んでいきます。
店で焦げ茶になっているアボカドで
ヘタと実の間の隙間が大きくなっている物は
買わない方が良いです。
ヘタがぶよぶよしている物はもっとダメです。

表面がシワシワしているものは、
果肉の部分がヤラレている可能性が大。
皮に張りが残っていてツヤツヤのものを。
だからといって店頭で指で果肉をぐいぐい
やっちゃだめですよ。商品が痛んでしまいます。
スイカをむやみにポコポコ叩くのと同じ、
やってはいけない事です。

アボカドは寒さに弱い果物ですが、
保存に適切な温度は14度から24度。
12度まで、という話もありますが
私は室内に置いておいても大丈夫でしたので
高温でなければ大丈夫と思います。
南国のフルーツは冷蔵庫に入れちゃダメ!
なんて話もありますが
(中学の修学旅行の時に、夕食にでた
バナナを部屋の冷蔵庫に入れておいたら
朝になって真っ黒になっていて
皆で大騒ぎした思い出があります。
あれにはビックリした!)
追熟を進ませたくない場合などは
入れてしまいます。
一度も黒く変色したことはありません。

いくら南国の果物と言っても
夏にむき出しで山積みされているような
お店ではアボカドは買ってはいけません。
商品の知識もなければ、
回転も悪い事でしょう。
愛情もないのかなー?

袋に入れたままにしておくと熟成が進むので、
直ぐに食べないのであれば
袋から出して上げましょう。
早く熟させたい場合には逆にエチレンガスを発生させる果物
リンゴやメロンなどと一緒の袋に入れれば
効果的です。

冷蔵庫の中にリンゴやアボカドなどの
エチレンガスを発生させる素材を入れている場合は、
他の野菜に影響がありますので注意しましょう。

アボカドの果肉の茶色いものは
果肉の中のポリフェノールとフェノール酸化酵素が
空気に触れてできたメラニンちゃんです。
体には無害ですので、
見た目は悪いですけど体に悪い訳ではないので
食べちゃって大丈夫です。

アボカドを使ったレシピなども
今後紹介していくつもりですので、
美味しいデトックス・レシピもたまに
覗いてみてください。不定期更新です。

人気ブログランキングへ
オンリー・ナチュラルの美味しいデトックス・レシピこちらから
関連記事

テーマ : ダイエット・美容・健康
ジャンル : ヘルス・ダイエット

コメントの投稿

非公開コメント

No title

はじめまして。

アボカド好きでよく買うのですがも深いですね・・・。

今後アボカド選びに目が効きそうです。
ありがとうございます☆

ありがとうございます

アボカドは本当に食べごろを見極めるのが難しいです。
半分に切ってみて、クリーミーで丁度いい食べ頃
を当てたときは私は小さくガッツポーズ(笑)してます。
プロフィール

メギーペギー

Author:メギーペギー
ここまで出るか!の自宅デトックス。短期間の減量もできて一石二鳥。オンリー・ナチュラル管理人のブログです。
体と心に関係するお役立ち情報を中心に紹介してまいります。よかったらサイトを覗いていってくださいね!美味しいデトックス・レシピもCHECKしてみてください。

最新記事
最新トラックバック
フリーエリア
人気ブログランキングへ
最新コメント
カテゴリ
フリーエリア
RSSリンクの表示
フリーエリア
おきてがみ
おきてがみ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。