スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

生理と体重増加(5)卵胞期

0003125935PP-565x849.jpg



女性ホルモン、卵巣ホルモン=別名エストロゲン。
これが卵巣ホルモンです。
卵巣から分泌されるホルモンです。
卵巣や子宮、膣などの女性生殖器の発育促進のホルモンです。

前回お話しした黄体ホルモンのプロゲステロンは
排卵後に卵胞から変化した黄体から分泌されますので
妊娠機能を司っている、とでも言ったら良いでしょうか?


エストロゲンにが3種類のホルモンがありますが、
中でも生理活性が高くエストロゲンの中でも
翁働きをしているのがエストラジオールです。
エストラジオールは卵胞期で10~150pg/ml1
排卵期で50~380pg/ml
黄体期で30~300pg/ml(閉経期で10~50pg/ml)と
最大値を見れば卵胞期と黄体期では倍にまで変化します。

・・・・続きを読む

人気ブログランキングへ オンリー・ナチュラルのHPはこちらから
関連記事

テーマ : ダイエット・美容・健康
ジャンル : ヘルス・ダイエット

プロフィール

メギーペギー

Author:メギーペギー
ここまで出るか!の自宅デトックス。短期間の減量もできて一石二鳥。オンリー・ナチュラル管理人のブログです。
体と心に関係するお役立ち情報を中心に紹介してまいります。よかったらサイトを覗いていってくださいね!美味しいデトックス・レシピもCHECKしてみてください。

最新記事
最新トラックバック
フリーエリア
人気ブログランキングへ
最新コメント
カテゴリ
フリーエリア
RSSリンクの表示
フリーエリア
おきてがみ
おきてがみ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。