スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

偽装

只今世間をお騒がせ中の、秋田市の肥料メーカー
「太平物産」の有機肥料の偽装問題。
ついに来たか、という感じです。
食品の偽装については既に様々なところで発覚してきましたが、
肥料にも偽装があった、というのは
ないと信じる方が初心でしょう、と言わざるを得ない感じです。
消費者を操ろうとして様々な宣伝文句や音響効果
脅しに励ましに不安煽り、さまざまな方法で購買を促進しようと
日夜頑張っているのがメーカーさんです。
消費社会になってしまった今、それを避けて通れないのは分かっています。
ただ、認識をして納得して買っているのと
嘘を信じて騙されて買ったのとでは訳が違います。

既に有機野菜は安全か、という話をだいぶ前に取り上げていますが
有機肥料ということに騙されている人が多いのが実情です。
化学肥料を使わなければ安全であるという妄想が
有機食品信奉を生み出し、それが誤った認識であること
気づかないまま、自分の食生活が安全であると信じ切って疑わない
ガードの甘さを作りだしています。

今回の事件は販売されていた肥料の成分がうたっている内容と異なって、
有機肥料の配合が少なかった、ということです。
で、製造コストを下げる為に有機質の量を少なくした、と発表していますが
まだその入れるべき有機質の代わりに何を入れていたのか、
が明らかになっていません。
有機質とは炭素を含む化合物。
つまり、炭素を含まない化合物の量を多くした、
硫安・過リン酸石灰・塩化カリなどの化学肥料と草木灰など
を入れた、ということですね。
どのくらいの有機質の割合があれば有機肥料と呼べるのか、
化学肥料を少しでも使ってしまったら有機栽培と呼べないのか?
このあたりの線引きは私には分かりませんが
気になるところですよね?
植物が吸収して成長に使うのは
「窒素」「リン酸」「カリウム」などの無機肥料だけで
有機肥料には別の効果がある、という話もあったり。
言葉のマジックに騙されているような気がするのは私だけでしょうか?

企業の利益を追い求めるがゆえにラベル偽装を行う。
それを信じて一生懸命作物を育てた農家はいい迷惑です。
その先にいる消費者も馬鹿にされたもんです。
こんな偽装を一般消費者にどうやって見極めろ、気を付けろ
というのでしょうか?
農家が個々の自己責任で使え、とでも言うのでしょうか?
書いてあることをそのまま受け取った農家と消費者が悪いのでしょうか?

業界の内部では当然のように知られていたりする情報が
一般消費者には晴天の霹靂だったりする場合があります。
この肥料を作っていた工場で働いていた人は分かっていたんでしょうね?
社長自身や本社は関与していない、と言いますが
購入した肥料の原料と減価、製造した数、在庫、
それらは一致しているはずですから、誰かがどこかで帳簿を
いじらない限り「アレ?」という数字になるはずなんですけどね。
各工場が製造している商品の構成や製造数、販売数、原材料の経費
それらを各工場が全部帳尻合わせをして本社に提出してたんでしょうか?

いずれにしても、誤魔化す気満々で組織ぐるみでやっていたとしか思えません。
健康に少しでも気を遣っていて色々情報を調べて
頑張ってより良い食生活を実現しようとしている方々や
生産者には実に残念なニュースです。
他にも偽装は色んな業界で沢山あると思いますけどね。
マンションの杭打ち、なんてのもそうでしたしね。
スポンサーサイト

人工甘味料の嘘 アスパルテームの害

i37.jpg



以前にもご紹介した人工甘味料です。
私はどうやらこれを体があまり受け付けないようで、アスパルテームの入ったものを食べたり飲んだりすると、
体調がすぐれなくなります。特に吐き気がする、お腹が痛い、といったものではなく、体のキレが悪い、といった感じです。
色々スポーツをしていますので、年齢による劣化が始まっている今、
自分の筋肉がどんな調子か、
体力や集中力はどんな感じか、を運動をする前や最中に注意深く観察しながらケガのないように注意しています。
無理して怪我をして動けなくなって、パフォーマンスが下がるのではエクササイズを一生懸命やる意味も薄いというもの。


さて、このアスパルテームは人工甘味料のキラ星のごとく色々なものに扱われています。
お砂糖の代用品としての使用になりますが、味覚を損なうことなく、
甘味を加え、カロリーは上昇させない、という食品製造者にとっては消費者の購買意欲を掻き立てる要素が一杯です。
こういった人工甘味料を砂糖の代わりに使っている食品や飲料を選んでいる人は、
ダイエットをしていたり、体形に注意を払っている方が多いと思います。

ですが、アスパルテームの害は意外と大きいのです。

水に溶けやすいですので、液体に乗って体の隅々に運ばれますが、細胞内に堆積してしまう、というものです。
サッカリンと違って人間の体はアスパルテームを消化することはできます。
この消化吸収自体がアスパルテームを体に堆積させていって健康障害を起こすのです。
知られている健康障害は

耳鳴り
視力低下
皮膚炎症やアレルギー障害 
胃腸不良、嚥下障害
息切れ、血圧上昇

などです。
また私たちの体はさまざまなホルモンを作りだして体の機能を調整していますが、
そういったものに不調も引き起こします。
また脳機能に影響を与えることが知られ、記憶障害、偏頭痛、めまいなどの引き金になります。
そうなると鬱になったり、自殺願望などの精神的な不安定さを引き起こす原因になってもおかしくありません。

砂糖は人工甘味料のみならず、更なる砂糖の摂取への渇望を湧き起こします。
砂糖中毒の話を以前しました。麻薬のように体内で働き、それを絶つことは難しいのです。


ダイエットをしているが、甘いものはやめられない、
それならばカロリーゼロの人工甘味料のものなら大丈夫、と
魔法の食べ物と勘違いしてアスパルテームの入った食品群や飲料を大量に摂取していませんか?

もしあなたが体調がすぐれない、
体が重い、
集中できない、
更には鬱の気がある、と思い当たる節があれば、ぜひ一度こういった甘味料を一切やめてみてください。
薬に頼らなくてもアスパルテームの害を排除することで健康状態が好転することもあります。

甘味料は更なる摂取を渇望させる、
食べる、
細胞内に蓄積して毒をまき散らす、
更に食べたい、
飲む、
細胞内に更に蓄積して健康障害も起こす。
でも自分はダイエットに効果的なカロリーゼロの甘味料にしているから大丈夫。
こんな間違った連鎖にドップリ漬からないように気を付けてください。

摂取カロリーを少なくすれば健康に良い、という単純な話ではないんです。
高カロリーの食品を摂取しても体重が減少させることはできます。
あなたの体は自分が食べているもので出来上がっているのです。
カロリー量だけに踊らされたスカスカの食事にたよった生活を送らないよう賢く食べましょう。
こういった話をこれからも続けていければ良いと思っています。

加工食品1 加工肉

f24.jpg
肉の日である29日を数日後に控えた先日WHOから加工肉と発がん性に関する衝撃的な発表がありました。
国際がん研究所が加工肉を毎日食べた場合、加工肉50グラムごとに大腸がんにかかる確率が18%上昇する、つまりベーコン、ハムやソーセージなどを毎日食べているとのガンになりやすくなりますよ、との内容でした。単純にカウントするとベーコン2切れを毎日食べる人は食べない人より18%ガンのリスクが上昇する、ということです。
私はこの話を聞いた途端に「胡散臭いな」と思いました。あくまでも私の私見ですのでご意見は色々とあるとは思いますが、そもそも「加工肉」の定義が余りにも広範囲すぎます。
単体で商品にならないような半端な肉を寄せ集めて添加物をバリバリ入れて作った何か月も腐らない加工肉と、手作りでフレッシュな肉を使って無添加で作った加工肉とではそもそも栄養も危険性も異なると思うんですよね。それを十羽ひとからげに「加工肉は発がん性を高める」という印象のみを残すような表現でくくることは納得いかないな、と。
50グラムといったら、日本で言うところのベーコンにして厚切り2枚、ソーセージにして2本半あたりの量です。こんなものは欧米人は毎朝朝食で食べている人がわんさかいます。
ベーコン+ソーセージの朝食なんて当たりまえです。これに卵がついているのが伝統的な食事だったりします。これで夕食にワインとハム、もしくはビールにソーセージを食べたらガンにならない方がおかしい、ということになりかねないです。
「それじゃ、ドイツ人はみんなガンになっているのか?」とツッコミたくなるような言いっぷりです。赤身肉も良くない、だの首をかしげるような内容です。
どういう条件での研究だったのか、加工の過程で発がん物質が増えるのか、使用されている食品添加物が問題なのか、全く明らかにされていません。こういう中途半端な発表をすることでどれだけ市場や産業に大打撃を与えるのかわかっているんでしょうかね?
このあいまい表現のせいで反論が色々なところから上がって、WHOも火消しに追われているような状態です。こうなるとそもそも何を狙っての発表だったのか疑いたくなってしまいます。

私は肉より野菜が絶対にいい、とは思っていません。
こういう議論はナンセンスです。どういう肉の話をしているのか、どういう調理方法の肉なのか、どう育てられた動物なのか、が全く語られていません。野菜に関してもしかりです。以前お話した肥料はどうしているのか、どんな農薬を使っているのか、自然交配の種なのか、収穫してから食卓までどのくらい時間がたったものなのか、何ひとつ具体的な情報が与えられないまま結論だけが突きつけられているキャッチフレーズに踊らされるのはまっぴらです。
しかも生活様式、エネルギーの使い方、年齢、人種、体質によって体に向いている食生活があるので、それに合わせればいい、と思っています。また携わっている仕事によっても必要な栄養素は変わりますので、それをどのように効率的に摂取するかの方が大切だと思います。体が必要とする食べ物はその時々、シチュエーションで変わるものです。商品を売らんがための戦法に惑わされないように視聴者が賢くならないとだめですね。
近いうちに体の欲するエネルギーの話を少し掘り下げてみたいと思います。

目的別で健康にお役立ち!のお茶 (2)美肌→白茶

0009358228K-849x565.jpg



白茶って聞いた事ありますか?
主な産地は中国の福建省です。
お茶の葉の中でも白い産毛がビッシリ生えた
若葉を使用することからこの名前がついています。

エラスチン、コラーゲン、タンパク質といった私たちの
肌の中に含まれる成分を守って肌の弾力を維持してくれるそうです。
耳慣れない中国茶ですが、一応発酵茶。
ですがプーアール茶などの黒茶とは違って
微生物による発酵は施されていません。

・・・続きを読む

お茶の効能(1)目的別で健康にお役立ち!

0010897334W-849x565.jpg



お茶と言えば日本茶、ウーロン茶、紅茶、麦茶、
コーン茶などが思い浮かぶと思います。
お茶は味も香りもさることながら、効能にいたっても

それぞれ違う物がが数えきれない程あります。
緑茶の話をするまえに、効能別にお茶を大雑把に紹介します。

●活力注入→ルイボス茶
紅茶に似ている南アフリカのお茶です。
紅茶に含まれるタンニンは口にした食べ物の鉄分摂取を妨げる、
と言われています。
ですがルイボス茶は鉄分摂取をあまり妨げないお茶なのです。

●ストレス軽減→紅茶
ストレスによって分泌されるホルモンである
コルチゾールの働きを抑える効能があります。
骨を上部にするマンガンやフッ化物も含んでいて、
1日に4杯以上飲めば心臓発作のリスクを減らせるそうです。




・・・続きを読む
プロフィール

メギーペギー

Author:メギーペギー
ここまで出るか!の自宅デトックス。短期間の減量もできて一石二鳥。オンリー・ナチュラル管理人のブログです。
体と心に関係するお役立ち情報を中心に紹介してまいります。よかったらサイトを覗いていってくださいね!美味しいデトックス・レシピもCHECKしてみてください。

最新記事
最新トラックバック
フリーエリア
人気ブログランキングへ
最新コメント
カテゴリ
フリーエリア
RSSリンクの表示
フリーエリア
おきてがみ
おきてがみ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。